写真で綴る野鳥ごよみ

ykoruri.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 15日

ヨシゴイ

8月9日撮影
アオバトを撮った後、用事の時間までまだ少しあるので、というか、
本当はここが、第一目標でアオバトは保険でした。
現地に着く前に遠くからカメラマンが1人見えました。
現地に着く前にその方は帰られてしまい、私は少し諦めムードになりました。
予定の時間は1時間。日差しが強くて傘を差してじっと待ちました。

ヨシゴイ
L 36cm
[分布・生息環境]夏鳥として全国に渡来し、ヨシ原、水田、湿地、湖沼、河川に生息する。
北海道では少ない。西南日本では稀に越冬し、琉球諸島では冬鳥。(準絶滅危惧)
[特徴]日本産サギ類で最も小さい。雄は額から後頭が青みのある黒色で、上面は茶褐色。
体下面は淡黄白色で、喉から前頸の中央に淡茶褐色の縦斑がある。飛翔時は、淡褐色の雨覆
と黒褐色の風切や初列雨覆とのコントラストが明瞭。婚姻色では眼先が赤みを帯びる。
虹彩は黄色。嘴は橙黄色で、上嘴は黒っぽい。足は緑黄色。雌は雄に比べ全体に淡色。
前頭の黒色部はないか、あっても縦斑で、後頭だけが青黒色。体下面は淡黄白色で、頸から
胸に褐色の縦斑が5本ある。幼鳥は全体に黄褐色で、上・下面とも黒褐色の縦斑が蜜にある。
(日本の野鳥650より)

①背後の葦でゴソっと聞こえました。
そっと覗くと、薄茶色のものが動きました。
と、すぐに飛び出して葦の一角に止まりました。

c0114159_10245206.jpg

c0114159_10250138.jpg
c0114159_10250709.jpg

c0114159_10251461.jpg
⑤すぐに潜ってしまうかと思ったのですが、手前のほうの葦に止まってくれました。
 後頸にたてがみみたいにふさふさした毛があるのは意外でした。
 
c0114159_10255722.jpg
⑥背中側
c0114159_10260461.jpg

⑦お腹側
c0114159_10292674.jpg

⑧横向き
c0114159_10294677.jpg
⑨あたりを見回しているようです。
c0114159_10295477.jpg
⑩なんだか首が太くなってきました。
c0114159_10301574.jpg
⑪口を開けました。
c0114159_10302298.jpg
⑫・・・
c0114159_10303159.jpg
⑬凄い形相
c0114159_10303824.jpg
⑭何か吐き出すのかしら?
c0114159_10305177.jpg

⑮・・・
c0114159_10311170.jpg

⑯欠伸?
c0114159_10312130.jpg

⑰欠伸をした後、飛び立ち
c0114159_10313159.jpg

⑱葦の中に潜っていきました。
c0114159_10313895.jpg
あたりを見回して、欠伸をしたということは、私はヨシゴイに脅威を
与えてなかったということですね。良かった(^^♪
ここに居るのは私1人。撮らせてもらえるかどうかは私にかかってます。
ヨシゴイ、嬉しい初撮りでした。
(暑いので夫は車で待っててもらってます。本当はうろうろ歩き回ってほしくなかったので)




by koruri_y902 | 2017-08-15 14:29 | Comments(2)
Commented by なずな at 2017-08-16 20:22 x
こるりさん、こんばんは

雨模様でうんざりしてます。
でも明日は晴れそうな雰囲気楽しみです。
ヨシゴイいい感じに撮れていますね。
ヨシゴイに気づかれないように、隠れ蓑術使ったの?
忍法教えてほしい・・・・
Commented by koruri_y902 at 2017-08-16 21:49
なずなさん、今晩は。

ほんと梅雨みたいですね。
たぶん明日は来客の予感してます。
ヨシゴイの出現にはびっくりしました。
すぐに潜ってしまうかと思ったのですが、案外リラックスしていたみたいでした。
隠れる所がなかったので、とにかくじっとしていました。



<< お山の水場にて      アオバトとハヤブサ >>