写真で綴る野鳥ごよみ

ykoruri.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 29日

カラフトムシクイ-2

1月27日撮影。
野鳥フレンド、満場一致でリベンジ決定(爆)

先ずは、止まりもの。
c0114159_2324584.jpg

次は偶然写っていた飛びもの。バシャバシャバシャ・・・
c0114159_22573185.jpg
c0114159_22575163.jpg
c0114159_22581033.jpg

忙しいのなんのって・・・
c0114159_22584111.jpg
c0114159_2258592.jpg

リベンジのつもりが・・・これだけです(ペコリ)
c0114159_22593951.jpg


by koruri_y902 | 2008-01-29 22:59 | Comments(0)
2008年 01月 29日

カラフトムシクイ

1月26日撮影。
コノドジロムシクイのほうはカメラマンが多かったので早々に切り上げて、これまた未見のカラフトムシクイがいるという公園に移動しました。

頭央線が特徴だから入れて撮るといいですよと教えていただきました。
ファインダーに入れてもピントが合う前に飛ばれてしまいます。
そんなに遠くへは行かないのですがちょこちょこと移動します。
「こういう時は予測して先回りをして待っているといいですよ」・・・ウンウンなるほど。

c0114159_19515265.jpg
c0114159_19522296.jpg

c0114159_19535921.jpg

飛び出しを撮ろうとして撮ったわけではありません・・・ピントが合ってません(_ _);
c0114159_19554713.jpg

花がらみが撮れる!!!と思ったのに、向こう向き・・・それでも捨てられない(_ _);
c0114159_19562542.jpg

わあ~、至近距離で撮れた~♪
c0114159_1957747.jpg

あらら、葉っぱが・・・(_ _);
c0114159_19575611.jpg
c0114159_19582534.jpg

もうクタクタ・・・コテッ
c0114159_19593399.jpg

明日に続く。。。

by koruri_y902 | 2008-01-29 20:00 | Comments(0)
2008年 01月 27日

コノドジロムシクイ

1月26日撮影。

スズメより小さい。雌雄同色。
分布  ヨーロッパから中近東・中央アジアを経てロシアのバイカル地方・モンゴル・中国北部で繁殖し、アフリカ北東部・アラビア南部・イラン・パキスタン・インド・スリランカで越冬する。日本では迷鳥として、北海道(1994年10月、2003年1月)・山形(1998年2月)・愛知(2003年3月)で記録がある。
生息場所  日本では、平地の林縁、人家の庭、ヨシ原の中のヤナギなどのやぶ。

図鑑では×印がついています。超珍鳥なので大勢のカメラマンを集めていました。
記録では日本で5回目ということになりますが、三重県でも先日見られたようです。兎にも角にもこの鳥を見ることが出来て本当にラッキーでした。

地味な色の鳥で枯れた葦に来るのであまり変わり映えのない写真になってしまいましたが、
枝に止まったところが撮れて少し変化がつけられました。
c0114159_20391282.jpg
c0114159_2040566.jpg
c0114159_2041139.jpg
c0114159_20421260.jpg
c0114159_20444488.jpg
c0114159_20454189.jpg
c0114159_2049976.jpg
c0114159_20523373.jpg
実は、カメラを構えているすぐ脇の大きい木にも止まって木の実を食べているところを手持ちで撮ったのですが、真上で画にならないと思って消してしまいました。
葦の中をつついているだけでなく、あの木は何だったのか?ハンノキだったのか?記録する折角のチャンスだったのに失敗です。

by koruri_y902 | 2008-01-27 19:41 | Comments(0)
2008年 01月 25日

メジロ

1月25日撮影。
一昨日くらいからメジロが食べに来ているようです。ちょうど食べ頃になったのでしょう。
昨日はカメラを持っていなかったので、今朝は気合を入れてカメラを持って行きました。
と言っても、毎朝通勤の途中に寄る娘の家にです。
クロガネモチの実が残り少なくなってきました。早く撮っておかないと(汗)
c0114159_1942365.jpg
c0114159_1943141.jpg

ギョギョ、実の下に見えるのは舌?
長~~~い!!!
c0114159_19434344.jpg


by koruri_y902 | 2008-01-25 19:52 | Comments(0)
2008年 01月 20日

T山公園にて

1月20日撮影。
今日は家から一番近い県立T山公園に行ってみました。
ここはバーダーもカメラマンもいません。鳥が少ないせいか階段がたくさんあって大変なせいか?
でも私は海が見えるので好きです。
ツグミがヒヨドリに近寄っていきました。何か起きるかと期待しましたが何も起こりませんでした。
c0114159_1541619.jpg

鳥の声を求めて歩きまわりました。エナガが群れでやってきました。もちろんシャッターを切りましたが、暗い木の葉陰だったのでSS上がらずすべてボツでした。
ウグイスがちょっと姿を現してくれました。
c0114159_1583639.jpg
c0114159_1591125.jpg

ウグイスに案内された所は、今まで気にはなっていたのですが、階段を上がってくるのが大変なので下りていったことがない所でした。
何となくこういう環境がルリビタキが好む所なのかなと思いながらゆっくり下りていきました。
その道が終わってしまったので、戻ろうとした時鳥影が見えました!!!
c0114159_15153464.jpg
c0114159_15155413.jpg
c0114159_15161075.jpg
c0114159_15162682.jpg

とうとうこの地でルリビタキを発見しました^^♪ ヤッター♪

もっと撮れないかとウロウロしましたが・・・またの楽しみにして、今日は早めの帰宅です・・・♪

by koruri_y902 | 2008-01-20 15:16 | Comments(2)
2008年 01月 19日

久し振りの森で

1月19日撮影。
お正月休みにルリビタキを見つけたので、今日も行ってみましたが、そこにはいなかったので上の方に上がってみました。
すでにカメラマンが2人いらっしゃいました。その後2人みえて5人の鳥撮りとなりました。
ここにも、キクイタダキが来たようです。オオタカがコサギを獲ったお話もお聞きしました。
程なくルリビタキがこちらの様子を見にきました。しかし、すぐに薮の中に消えてしまいました。
c0114159_2323933.jpg

c0114159_23234092.jpg
シロハラは盛んに餌獲りをしていて、ルリビタキがいなくなったフィールドで愛嬌をふりまいていました。
今日はミサゴ、ハイタカ、ノスリが空高く飛んでいましたが、遠くてボケていたので削除しました。
c0114159_23214515.jpg
帰りがけにベンチで休んでいると、アカハラがゴゾゴゾと出てきてくれました。
c0114159_2324327.jpg


by koruri_y902 | 2008-01-19 23:31 | Comments(0)
2008年 01月 17日

遠征最終日

1月14日撮影。
昨日イスカを待っていた時、以前アカショウビンでお会いしたMさんご夫妻に声を掛けられました。

イスカが来ないので、私の中ではなかば諦めムードになってしまいました。
昨日ゴジュウカラが撮れなかったのでまた来ていないかと行ってみました。
コガラが松に来ていましたが、手袋をしていてもカメラを持つ指先がすぐに凍えてしまいます。
もう少し頑張って撮ればよかったと思いましたが、寒さに耐えられませんでした。
カメラが冷えて手持ちだとすぐに指先が凍えてしまいます。カメラが冷えないようなカバーが欲しくなりました。

寒さの中、ヒガラが囀ってました。
c0114159_22484156.jpg

虫でも探しているのでしょうか?それとも松脂が出てくるのでしょうか?
c0114159_22114749.jpg
c0114159_22121822.jpg
c0114159_22132939.jpg
c0114159_22135836.jpg
c0114159_22143343.jpg

イスカはMさんにお任せして、フクロウの方に行くことにしました。
なかなか見つけられなくて車を走らせていたら、アルビオンさんからフクロウがいるとの連絡を頂いたので急いで向かいました。
鳥を探すより車を探せの言葉通りで4台の車が止まっていました。
フクロウは初めは枝がごちゃごちゃした中にいましたが、だんだん動いてくれて邪魔な枝がかからないところまで移動してくれました。
車の中からの撮影で、遠かったので400に×2のコンバーターをつけて窓にクッションを乗せてその上にカメラを乗せて撮りました。
c0114159_2332911.jpg

そわそわした動きだったので飛ぶと思いました。
c0114159_2362536.jpg
c0114159_2364648.jpg

飛んだあとは前よりもっとスッキリしたところに移動してくれました。
c0114159_2371050.jpg

フクロウは昼間はじっとして動かないのかと思っていましたが、餌を捕りたいのか地面を見つめていました。
c0114159_23115156.jpg

また、飛びました。今度は心構えが出来てなくてあわててシャッターを切りましたが、なんとか撮れてました。
c0114159_23125097.jpg
c0114159_23154296.jpg

このあとはごちゃごちゃの木の中に入ってしまったのでフクロウの撮影はこれまでとしました。

ベニマシコは夕方のほうがいいとお聞きしたので、帰りがけにまた寄ってみました。
カメラをセットしながら見ていたら、カシラダカが10羽くらい地面で餌を捕っているのが判りました。
ミヤマホオジロやシラガホオジロが混ざっていないか確かめる間もなくみんな飛び去ってしまいましたが、中に1羽赤い子がいたような気がしました。
c0114159_233712.jpg

その後、車が通ったり、お散歩の人が通ったり、なかなかベニマシコが出てきてくれませんでした。
最後の最後にベニマシコが何とか撮れるところまで出てきてくれました。
c0114159_23373171.jpg
c0114159_2338964.jpg

アルビオンさん、Mさんご夫妻様、その他現地でお会いした皆様ありがとうございました。
最後まで、お付き合いしてくれた夫に感謝、感謝です。ありがとう^^♪

by koruri_y902 | 2008-01-17 22:14 | Comments(2)
2008年 01月 17日

2日目は快晴

1月13日撮影。
アルビオンさんのダイニングで朝食を頂きながら野鳥観察ができました。
c0114159_1954292.jpg

ここでのんびり鳥を眺めていたかったのですが、心はイスカに飛んでいました♪
朝食もそこそこに、前日アルビオンさんに案内して頂いた所へと向かいました。
すでにカメラマンが何人かいらっしゃいましたが、イスカはまだ来ていないようでした。
なかなか来ないので、30Dを持って付近を散策しました。
しーんと静まりかえっていて鳥の気配がないので戻ろうとすると急に賑やかに群れでやってきました。
ヒガラが松にやって来ましたが、なかなか撮らせてくれませんでした。
c0114159_1972310.jpg
c0114159_1959596.jpg
c0114159_19592719.jpg
c0114159_1974564.jpg

目の前をゴジュウカラが飛んで行ったので行方を確認して探しましたが逆光で枝被りしかも動きが速くて残ったのがこれ1枚でした。
c0114159_1981883.jpg

その後、コガラが夢に描いた(オーバーですが^^)シチュエーションで撮れました♪
c0114159_1995576.jpg
c0114159_19102833.jpg
c0114159_19105941.jpg
c0114159_19112987.jpg
c0114159_1913182.jpg
c0114159_19135341.jpg
c0114159_19143958.jpg
c0114159_1915536.jpg

お目当てのイスカもフクロウも駄目でした。
実は、朝食前にベニマシコを撮りに行ったのですが、ベニさん、お寝坊さんでした。
夕方ペンションに戻る前に寄ったら彼がいましたが、枝被りが1枚撮れただけでした。
c0114159_2018238.jpg

あたりが薄暗くなって冷え込んできたのでここで終了しました。

by koruri_y902 | 2008-01-17 19:16 | Comments(2)
2008年 01月 15日

雨の中の撮影

1月12日撮影。
三連休なので久し振りに夫と出掛けることにしました。
夫は温泉とドライブが目当てです(たぶん?)。私は勿論鳥撮りです。私と夫と両方の意見を取り入れて予定を立てたのですが、急に予定変更でアルビオンさんの所に連泊させて頂くことにしました。
どうせ行くならお目当ての鳥が撮れるまで頑張らなければと思ったのは私だけかもしれませんが、そこはそこ、決定権は私にありでした(爆)。
ETCの通勤割引を計算して、家を4時に出発。横横は半額で450円。保土ヶ谷バイパスを経て、中央高速は高井戸から八王子間に6時前に入って100キロ以内なら半額。八王子の1つ手前の国立府中から入って100キロ以内だと甲府昭和で一旦下りると、ここまでで1,200円です。再び甲府昭和から入って小淵沢までが550円でした。合計2,200円でした。
高速代だけを計算すると確かに半額ですが、国立府中に回ると30キロくらい遠回りのようでした。

さて、本題の鳥撮りですが。
第一の目標は「イスカ」です。
早朝アルビオンさんのペンションに到着、アルビオンさんの車に機材を積んでイスカのポイントに案内をして頂きました。
その頃はあたりは真っ白の霧で30メートル先くらいしか見えませんでした。雨も降ってきていました。
アルビオンさんはイスカの声を聞きつけました。目を凝らしてみると、イスカは近くの松の木に来ているようでした。
真っ白な中にうっすらと鳥が見えました。
駄目と判っているものの、一応シャッターを切ってみました。やはりPCでどう画像処理しても色は出ません(涙)
霧が晴れそうな気配だったので待っていましたが、やがてイスカの声はしなくなりました。
c0114159_21244547.jpg

次にフクロウを探しに向かいましたが、雨のせいかフクロウはどこかで雨宿りでもしているのでしょう。

フクロウが見えないので、野鳥に餌をあげているホテルに連れていって頂いて、ロビーからガラス越しに撮ることができました。
ガラス越しなのでピントが甘いのではないかとあまり気が進みませんでしたが、撮ってみてモニターで確認した限りでは撮れているようでした。
ガラスに貼った餌台にウソが来ました。ガラスのこちら側が見えないのでしょうか?注意すべきは人間ではなくて♂のようでした。それはそうです、人間は餌をくれて仲間のウソは餌敵ですから。
ここでも(も?)♀が強かったです(笑)。♂は餌にありつけずに逃げていきました。
c0114159_21245996.jpg

シメが雨の中、いい感じに撮れました。
c0114159_21252645.jpg

遠くのはやはり霞んでしまいましたが、これも趣きがあってこれはこれでよしとしましょう^^
c0114159_21262123.jpg

雨に打たれたカワラヒワもとても素敵なモデルさんです。グレーの景色に黄色がアクセントになって映えていました。
c0114159_22393267.jpg
c0114159_22374630.jpg

できれば見返り姿が欲しかったけれど・・・
c0114159_22435751.jpg


場所を変えて、今度は柳生博さんの八ヶ岳倶楽部に案内して頂きました。

シメさんも風景が変わるとまたひと味違って見えます。
c0114159_22455975.jpg
c0114159_22483370.jpg

ゴジュウカラはお決まりのポーズをしてくれましたが少々ブレてしまいました
c0114159_22491761.jpg

アトリです。こうして見ていると、雨に濡れた子はどの子も健気でいっそういとおしく見えます。
c0114159_23181267.jpg
c0114159_2319045.jpg
c0114159_23194969.jpg
c0114159_23203156.jpg
c0114159_2321391.jpg
c0114159_23215383.jpg

カワラヒワって正面から見るとこんなに顔が細いんですね。
c0114159_23244368.jpg

c0114159_2326448.jpg

イカルは大きななりをして一番警戒心が強いようでした。
c0114159_2326264.jpg

この日の締めくくりはシメです^^
c0114159_23285050.jpg

撮影が終わって車に戻る頃には雨が雪に変わってうっすらと積もっていました。

by koruri_y902 | 2008-01-15 21:33 | Comments(0)
2008年 01月 09日

お正月休みの最後に

1月6日撮影。
長かったような、あっと言う間だったような。いよいよお正月休み最後の日の鳥撮りです。
森の手前ではホオジロが番でいましたが、撮れたのは♂だけで、♀は薮の中でじっとしていました。
可哀想なのでその場を後にしました。
c0114159_22553960.jpg

そんなに朝早くはなかったのですが霜はまだ消えていませんでした。
あたり一面真っ白でとても幻想的な風景でした。もう少し綺麗な画になるかと思ったのですが。。。画像を見てがっかりでした。
黄色いお腹のアオジが白い風景にポイントとなっていたのですが、シャッターチャンスが悪かったです(つまり腕が悪いんです)。
鳥がいいところに来てくれなかったからとまた言い訳です(汗)
c0114159_22555130.jpg

森の奥まで行きましたが、目的の青い子の声がしません。
私を慰めてくれるかのように、エナガの一団がやってきました。
エナガは可愛いのですが、ちょこまかと動いて少しもじっとしてくれません。
撮るには撮ったのですがこの1枚だけ残してあとは消しました。
c0114159_230227.jpg


鳥がいないので場所を変えることにしました。昨日の公園に向かいかけたのですが、途中で行き先を変えました。

突然、目の前の枝に茶色の鳥が止まりました。あわててシャッターを切ったのですが、ピントが合ってませんでした。
お休み最後の日にやっとルリビタキが現れたのです(心の中でヤッターとガッツポーズ)。
すると、以前お世話になった会の先輩がこちらに向かってきたので、少しだけご一緒しましたが、ルリビタキはもう撮り飽きたらしくすぐに帰っていかれました。
その後は一人での撮影となりました。
枝被り、薮の中と、なかなか撮れないので三脚からカメラを外して手持ちで撮ることにしました。

ここで確認できたのは、若♂が1羽と成鳥♂が2羽でした。
c0114159_2301629.jpg
c0114159_2303568.jpg
c0114159_231319.jpg
c0114159_2324764.jpg
c0114159_2341386.jpg


by koruri_y902 | 2008-01-09 22:58 | Comments(2)